• トップ /
  • 知覚過敏で使われる歯科の薬

歯科には知覚過敏用の薬がある

冷たい飲み物が沁みるので歯科で診察を受けたが虫歯ではなかった、という場合があります。歯が沁みるだけではなく、歯ブラシの先が当たっただけで痛むケースもあります。このような症状が知覚過敏です。加齢や噛み合わせなどの理由で歯茎が下がったことが原因であると、歯科では説明されます。沁みるのは歯茎が下がったことで歯の根が露出し、神経が刺激を受けやすくなったためです。治療薬としては硝酸カリウムが効きます。この成分が配合された歯磨き粉を使うのも有効ですし、歯科の治療ではこの成分を歯茎に塗り込んでくれます。さらに、知覚過敏の歯にコーティングを行うため、刺激を感じ取りにくくなり、つらい症状が緩和されます。ただしコーティング剤は、歯磨きで少しずつ取れてしまいます。そのため歯科クリニックで、再び薬を塗り直してもらう必要があります。ある程度通院すれば、象牙質を保護していた歯の組織が再生してくることもあり、そうなれば薬を塗布する必要はなくなります。その他、歯の根元が削れて沁みる場合もありますが、歯科ではその場所にプラスチックを詰めて治療します。また知覚過敏の人は、なるべく柔らかい歯ブラシを使い、歯磨きでは力を入れないことが望ましいです。

↑PAGE TOP

Menu