• トップ /
  • 歯がしみる時に歯科に行くべきか

歯科でできる知覚過敏の緩和法

冷たいものや熱いものを口に入れた時に、歯がしみるのは知覚過敏の可能性があります。症状が軽ければ歯科に行かなくても自然治癒することもありますが、我慢できないほど痛い場合は見てもらった方がいいです。原因は歯の神経の外側にある象牙質が、歯の磨きすぎなどで露出してしまうことで、露出してしまうと内側にある神経に刺激がいって痛みを感じます。知覚過敏の治療方法としては、象牙質の表面に歯と同じような成分でできている薬を塗って神経への刺激を和らげる方法があります。歯科で短時間でできる治療ですし、家庭でできる歯磨き粉のようなタイプもあります。ただし、病院の方が効果が高くて即効性もあるので、できれば病院に行って治療を受けた方がいいです。他には、しみている部分を専用の接着剤で樹脂コーティングする方法があります。歯が大きく凹んで欠けているような状態でも、元々の歯の形に合わせて樹脂の材料を詰めることができるので、刺激を和らげることができます。ただし、歯科で治療しても食事や歯磨きで剥がれてしまうことがあるので、剥がれたら再び同じ処置が必要です。知覚過敏を防ぐためには、毎日の歯磨きには気をつけた方がいいです。歯を傷つけないように柔らかいブラシを使うと安全です。

↑PAGE TOP

Menu