歯科医院で治療ができます

冷たい物を飲んだり食べたりすると、歯がしみるのが知覚過敏の症状です。不快な症状ですが、中には冷たい風が当たるだけでもしみてしまうという人もいます。歯科医院には知覚過敏の患者さんが多く来院しますが、その原因は様々です。一番多くあるのが、歯の磨き過ぎです。歯磨き粉を付けて力強くこすると、歯は削れていってしまい、神経がむき出しになってしまうという状態です。他にも原因はあり、かんきつ類などの酸っぱい物を日常的に食べていると、酸により歯が溶かされてしまうことがあります。その他にも、噛み合わせが悪かったり、歯ぎしりの習慣があると知覚過敏の原因になります。歯科医院では、むき出しになった神経を、詰め物などで守ることで治療を行っています。歯科医院には、イオンを歯に流すことで、しみるのを防止する機械も用意されています。患者さんの知覚過敏の原因を探り、それに合った治療を行うことで症状を改善します。歯の磨く癖があると、次々に歯が削れていってしまうので、歯科医院では歯磨き指導も近く花瓶の治療の一環として行われています。正しい磨き方を身に着けることで、これ以上歯が削れてしまうのを防ぎ、知覚過敏の拡大を防止することができます。

↑PAGE TOP

Menu